NEWS
国際交流基金 日中映画交流とは
国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、2017年、日中両国の国交正常化から45周年を迎えることを記念し、映画を通じた両国の交流事業を始めました。

2017年5月には広州で「第1回日本映画広州上映ウイーク」を開催。また、公益財団法人ユニジャパン(東京国際映画祭事務局)、上海国際影視節中心(上海国際映画祭事務局)と共同で、2017年12月には中国3都市(上海・深セン・昆明)で日本映画上映会「日本映画新作展」、2018年3月には日本3都市(東京・大阪・名古屋)で中国映画祭「電影2018」を実施しました。いずれも今回がワールドプレミアとなった作品含む両国の最新作を上映したほか、作品の俳優や監督をゲストに招いて交流を行いました。

日中平和友好条約締結40周年の節目である2018年も、日中映画交流事業を各地で展開していきます。10月から、重慶、11月に広州、深セン、北京で、日本映画上映会を再び実施。新たな作品やゲストを招いて交流を行います。

 中国では大規模な国際映画祭などを除いて、日本映画が上映されることが少なく、日本でも最新の中国映画をまとめて見られる機会は限られています。映画を楽しんでもらうことで、両国の映画ファンを増やすと同時に、日中の文化への相互理解や友好を深めることを目指しています。
ページトップへ