文化芸術交流
Arts and Cultural Exchange

2018北京ダンスフェスティバル|んまつーポス & 頭と口 公演!

当センターは、北京ダンスフェスティバルが実施する、日本の若手ダンスカンパニー「んまつーポス」と「頭と口」の公演を支援しています。

チケットの購入はページ下のQRコードからお買い求めください。

 


“踩过界 Crossing Borders”(二本立て)

《天黑之后 After Dark》
振付:张曦/无限未知舞蹈剧场 (中国杭州)

《下一站,彩虹 A Short, Thick Rainbow》
振付:Unlock Dancing Plaza、んまつーポス
公演:Unlock Dancing Plaza(香港)、んまつーポス(日本)

公演日時:2018.07.27(金) 17:00
会場:北京天橋芸術センター小劇場
料金:¥160

 

 

《下一站,彩虹  A Short, Thick Rainbow》
振付:Unlock Dancing Plaza、んまつーポス
公演:Unlock Dancing Plaza(香港)、んまつーポス(日本)

 

作品紹介:

《下一站,彩虹  A Short, Thick Rainbow》は、香港のUnlock Dancing Plazaとんまつーポスの共同制作による作品で、ダンスとスポーツが融合したパフォーマンス。育ってきた環境も受けてきた訓練も異なるダンサーたちが、舞台上で異文化をまたぐ虹の架け橋をつなぐ。本作は香港で初演した後、日本、韓国、マカオなどのフェスティバルで上演した。

 

カンパニー概要:

 2006年より,アート空間に 体育(からだを育む思想)を展示・上演する試み(現代芸術的体育)を日本国内外で積極的に実践しているダンスカンパニー。スポーツと芸術の境界域 をそれぞれの先端と捉え、宮崎大学大学院を修了し、今も” 大学の知” とコラボレーショ ンしている。YOKOHAMA DANCE COLLECTION ファイナリスト(『金の羽毛を持 つトカゲのためのポスター#4』)2008、『はやくお家に帰ったら!』2011、『Hurdle』2012)。

 日本では,北九州芸術劇場,十和田市現代美術館,金沢21世紀美術館,坂本善三美術館、霧島アートの森,六本木アートナイト,いわき芸術文化交流館アリオス,横浜赤レンガ倉庫1号館等で多彩に活動している。日本以外では,6カ国25都市(エストニア,韓国,中国,台湾,香港,イギリス,ルーマニア)で作品を発表(招聘)。2015年,メンバーの豊福が平成26年度新進芸術家海外研修員として,ルーマニアで現代芸術的体育を紹介するレジデンス・プログラムを実施している。文化庁 平成28年度「国際芸術交流支援事業」海外公演事業として,「んまつーポス ルーマニア4都市 & ワークショップ, 共同制作」を行っている。文部科学省「児童生徒のコミュニケーション能力の育成に資する芸術表現体験」(H23~29年度)や文化庁「次代を担う子どものための文化芸術体験事業–派遣事業–」(H22~29年度)等の派遣芸術家。いわき芸術文化交流館アリオス主催事業「おでかけアリオス」のアーティスト。所属は、ダンスグループ 「踊るスポーツマン」(主宰:高橋るみ子)。

 


 

“单身狗 Lonely Dog”(三本立て)

《功 Kudoku》
振付:Compagnia Daniele NINARELLO

《倒立之树 Inverted Tree》
振付:渡邉尚(頭と口)

《半月 Half Moon》
振付:Olet KHAMCHANLA

公演日時:2018.07.28(土) 17:00
会場:北京天橋芸術センター小劇場
料金:¥160

 

 

《倒立之树  Inverted Tree》

振付:渡邉尚(頭と口)

 

作品紹介:

人間の本質は「遊戯」である、と歴史家のヨハン・ホイジンガは言った。私は、進化の過程で獲得したネオテニー(幼型成熟) 、特化し切らずに常に別の可能性を残しておくという能力が、今生きている者に探求や発見を促しているのではないかと考えている。それはとるに足らないような要素を残しておける種の寛容性なのかもしれない。膨大な可能性が生まれては消え、延々繰り返されている。小学生の頃は夜に四足歩行で町内を歩いていた。塀の上を歩き、屋根や電柱に登り、飛び降り、通行人に見つからないように暗闇で息を潜めたり。進化の大樹の先端からどうやって根まで行けるのだろうかと考えていたのだ。そして今でも、姿は人間でも動物でいるにはどうすればいいのかを試し続けている。

 

振付家紹介:

京都出身。20歳から独学でジャグリングを開始。次第にジャグリングには身体性が不可欠だと悟り、ダンスを始める。ダンスカンパニーのメンバーとして3年間国内外で活動。ジャグリングを、大道芸やサーカスの一部ではなく、「身体」と「物(環境)」の原初的な関係性という枠組みで捉え直し、世界でも類を見ない独自のスタイルを開拓。 動物性を強く残した肉体で軟体、倒立、質感変化を駆使して踊る妖怪である。2015年にジャグリングカンパニー「頭と口」を発足し、ダンス・ジャグリング・サーカスの垣根を越え各界から注目を集める。翌年には異例の抜擢を受け、KAAT神奈川芸術劇場での単独公演を行う。アジア・ヨーロッパのフェスティバルに多数招聘される。現在世界拠点で活動中。

 

↓ チケット購入 ↓

購入ガイドはこちら(中国語)

公式SNS
OFFICIAL SITE
公式WeChat(微信)

公式WeChat(微信)
アカウント
Copyright 2007-2015 北京日本文化中心(日本国际交流基金会)
地址:北京市朝阳区建国门外大街甲6号SK大厦3层 电话:010-8567-9511 图书馆:010-8567-9132
京ICP备09018509号