HYPER-REALITY –松田K アーティスト・トーク

私たちの実際の世界とバーチャルな世界はますます結び付けられている。

VR、拡張現実、ウェアラブル端末、物のインターネット化といった技術が、私たちの生活の全局面をテクノロジーが包み込む世界を指し示している。

それはあらゆる相互作用と実体験をつなぎ合わせ、驚くべき可能性を提示する一方で、私たちのこの世界への理解をもコントロールする。

Hyper-Realityは、このおもしろくて危険な道を探索しようという試みだ。

 

アーティスト・トーク

日時: 2016年9月24日(土) 10:00~

場所: 北京日本文化センター 多目的ホール

地址: 朝陽区建国門外大街甲6号SK大厦301

言語: 英語(中国語逐次通訳)

申込: http://t.cn/Rcx3YSZ

 

主催: 国際交流基金北京日本文化センター

メディア協力: VICE

特別協力:3

 

 

松田K

k_prism_full

東京・ロンドンをベースに映画制作や未来都市の研究に従事するデザイナー。

バートレットスクール在学中から、テクノロジー、メディア、都市の相関性を映像に捉えた研究活動を展開。2010年修士課程終了前後から制作を始めたオーグメンテッド・リアリティ「拡張現実感」をコンセプトにしたショートフィルムのシリーズは、いま急激に国際的な反響を呼んでいる。大衆文化とデジタル時代の人類学に強い興味を持っている彼独自なスタイルである「インテリジェント・ポップ」は、ライブ・アクション、モーション・グラフィック、アニメーションなどをミックスしたハイパーリアル・メディア・スケープ「超現実媒体の景観」を、まさに躍動する未来空間として端的に表現している。また、ニューヨーク、ロンドン、東京などのバンドのためにプロデューサー/ディレクターとしてミュージック・ビデオを制作。

まだ日本では広く知られていないが、すでに新進気鋭のデザイナーとして、グラフィックやビデオ/フィルム制作において様々な受賞を得て、英国映画協会やニューヨーク近代美術館などでも作品が展示されている。

 

Hyper-Reality (全編約6分)

松田K氏によるコンセプトフィルム。実際の現実とバーチャルな世界とが融合し、街中が情報メディアで溢れかえった未来の、刺激的できらびやかな世界を映し出す。本作は現在も進行中のresearch-by-designプロジェクトの最新作となる。過去の作品には、『Domestic Robocop』、『拡張都市3D』のほか、松田氏の研究テーマでもあった『Domesti/city』などがある。より詳しい情報は松田氏のホームページhttp://km.cx/を参照。

插图

“HEART BEAT 心音” YAMATO和太鼓公演

600x650px

独創を以て和太鼓を舞台芸術に昇華させ、世界に響かせていくYAMATO

53カ国に招聘され、3000公演以上パフォーマンスを行い、600人を動員

観たことのない世界、聴いたことない音楽、五感を総動員せよ!

太古から、人々を鼓舞し奮いたたせてきた和太鼓

その伝統への敬意を胸に秘め、「YAMATO」は革新に挑み続ける

 

【北京】

■公演日時:2016年10月22日(土)19:30~

■公演会場:北京天橋芸術センター(北京市西城区天橋南大街9号)

■チケット: 北京天橋芸術センター Tel:400-635-335

チケット購入はこちら

 

武漢

■公演日時:2016年10月25日(火)19:30~

■公演会場:武漢湖北劇院(武漢市武昌閲馬場西場口1番)

■チケット:湖北劇院 Tel:027-88873004

チケット購入はこちら

 

 

■主      催:  国際交流基金北京日本文化センター

■共同主催:  北京天橋芸術センター

■共      催:  在中国日本国大使館

■特別協力: 全日本空輸株式会社

■協      力:  湖北省人民対外友好協会

■技術協力:  上海星在文化伝播有限公司

yamato logo

center logo

天桥logoANA LOGO

Star@ logo

 

 

 

 

和太鼓グループ「YAMATO

 

集体照

 

1993年 奈良県明日香村にて4名のメンバーで結成(現在20名)。

1994年 中国公演で2万人動員。インドネシア、韓国、シンガポールを経て南米ツアーを敢行。

1998年 世界最大の芸術フェスティバル「エディンバラフェスティバルフリンジ」に参加。1ヶ月23公演を完売。「スピリットオブフリンジ賞」受賞。これを機に「地球一周ツアー」と銘打った世界ツアーを開始。

2015年までに、訪問国53カ国、総公演回数3000回以上、観客動員数600万人突破。明日香村を拠点とし、年間150~200公演のワールドツアーを展開。メンバーは共同生活で一体感を養い、作曲、振付、演奏方法や衣裳デザイン、舞台セットまでの一切を手作りで担う。20周年を迎えた2013年より本格的に「日本ツアー」を開始。2013〜2014年に掛けて、日本全国47都道府県ツアーを敢行。

YAMATO はYAMATO らしく、新たな境地を切り開くべく新たな一歩を踏み出す。

打鼓照

樹齢400年の大木で造った太鼓を筆頭に数十台の太鼓群を抱え、全身を躍動させ、全霊で叩き、波動を巻き起こす。血沸き肉躍る迫力のライブ.パフォーマンス。その鼓動に、人々は圧倒され、高揚し、シンクロする。伝統楽器「和太鼓」から弾き出される苛烈なる革新。あをによし・奈良。大和魂の発露であり、猛る冒険への雄叫びだ。

 

小川正晃

YAMATO」代表 太鼓音楽作曲家 演出家

 1967年に生まれ、日本人の心の故郷といわれる「奈良県」に育つ。1991年京都精華大学美術学部を卒業後、ガラス工芸家を志して活動を続ける中で和太鼓と出会った。その後、いくつかの和太鼓演奏グループと仕事をし、1993年に和太鼓「YAMATO」を創設。「YAMATO」はこれまでに世界53カ国、3000回の公演を行うグループに成長している。「YAMATO」で演奏される全ての曲の作曲、振付、舞台美術等を担当。伝統的な楽器と新しい楽曲、視覚的にも美しくパワフルなパフォーマンスとして完成させるべく、舞台美術、総合演出も手がけ、これまで日本の伝統音楽として受け止められてきた和太鼓音楽に新たな方向性を見出した「YAMATO」の舞台は、世界各国で高い評価を得ている。結成以来、自身も中心メンバーとして舞台に立ってきたが、現在は演奏以外にも他のグループへの曲の提供、子供から大人までを対照とした演奏指導を多数行っている。近年では、YAMATO の拠点である明日香村、奈良県と協力した公演活動も多岐にわたり、地域文化の活性化に貢献している。

 蛟ュ-YAMATO謠蝉セ帛・逵歃Yamato_10

YAMATO公式ホームページはこちら!

http://www.yamato.jp/top.html

 

中秋節休暇に伴う休館のお知らせ

本図書館は以下の期間、休館となりますのでお知らせします。

915()17日(土)

中秋日文

臨時休館のお知らせ

 当センターは、施設改修のため、910日(土)は臨時閉館いたします。

2016-9-10临时闭馆

 

 

冨士山アネット「Attack on Dance」中国版 北京公演!

「ダンス的演劇(テアタータンツ)」という独自の活動を展開する冨士山アネットの演出家・長谷川寧氏が、今度は北京の地で、現地のダンサーたちとコラボ。「Attack On Dance」の中国版を作成し、北京フリンジフェスティバルで上演します。ポスター

【公演スケジュール】

9月08日(木)19:30~

9月09日(金)19:30~

9月10日(土)19:30~

9月11日(日)14:30~

【公演場所】  蜂巣劇場

 

構成・演出・振付: 長谷川寧

ドラマトゥルク:石本華江

映像:中澤陽

主催:北京フリンジフェスティバル

共催:国際交流基金北京日本文化センター

 

チケットのお求めはこちら。

http://www.gewara.com/drama/316894075

AOD

Concept

−ダンスは世界を変えられるか?

“Attack On Dance” は上演される各国で選ばれた様々なジャンルのダンサーによる”多様性”をテーマにした作品。ダンサーは様々な質問に答えた後に、共通の曲を使って最終的にさそれぞれが振付けたソロを踊ります。私達の踊る様は、時に滑稽に世界を描き出す。

 

Directors note

[Attack On Dance]は様々な出自のダンサーが色々な事を舞台で暴露していくという挑発的な作品だ。普段どうやって振付を作っている事から始まり、個人的な事柄から社会的なトピック迄、その解答は多岐に渡る。今回、初めて本作品を各国の人々と制作をする事になり、その初回が中国であるというのはとても興味深い。この国で、舞台上で舞踊手達がどういった解答をしていくのか。舞踊をフィクションではなく、舞踊手をフィクションではなく、舞台上で描いていきたい。その果てにあるダンスに、やがてあなたも自分自身の事を考える筈だ。 長谷川寧

「異文化理解のための中等日本語教育研修会」実施報告

中国の初中等教育では、第二外国語(以下、二外)として日本語を学ぶ児童・生徒が増えています。楽しみながら日本語を学び、同時に日本語を通じて日本や外国の文化に触れる「異文化理解」を主な目的としています。また、一言に「二外」と言っても、授業の一環として学ぶものから、放課後に行われるクラブ活動まで、実施形態や内容も様々です。

今回、北京日本文化センターでは、こうした二外で日本語を教える教師を主な対象として、「異文化理解のための中等日本語教育研修会」を実施しました。

1

 

◆概要

日 時 :2016年7月23日(土) 8:30~17:30

会 場 :北京日本文化センター多目的ホール

主 催 :国際交流基金北京日本文化センター

目 的 :

①中等二外日本語教育の推進

②二外授業の質的向上

③教師間のネットワーク形成

参加者 :28名(25機関)

参加条件:初等・中等教育機関所属の日本語教師であること。二外を実施しているかどうかは問わない。

 

◆スケジュール

8:30~9:00 開会式 記念撮影 張玉潔
9:00~10:00 講義「異文化理解のための中等日本語教育」 唐磊

(人民教育出版社)

10:10~10:25 北京日本文化センターの中等二外に関する取り組み 清水美帆
10:25~10:50 長春日章学園高中における実践紹介 鄭紅

(長春日章学園高中)

11:00~12:00 学校種別状況報告と意見交換会 平田好
12:00~13:30 休憩・図書館見学
13:30~15:00 ワークショップ

「異文化理解養成のための授業デザイン」 前半 授業体験

清水美帆・小川佳子
15:10~16:40 後半 教案作成
16:40~17:00 国際交流基金主催の日本語教師研修紹介 清水美帆
17:10~17:30 修了式 張玉潔
17:30~ 懇親会

 

◆研修プログラム

(1)講義「異文化理解のための中等日本語教育」(唐磊先生/人民教育出版社)

改訂が進められている中等日本語教育シラバス『課程標準』の内容に触れながら、①二外学習の利点、②なぜ二外日本語を学ぶか、③二外としての日本語は何を学ぶか、④どのように教えるのが効果的か、以上の4点からお話いただきました。

2

 

(2)北京日本文化センターの中等二外に関する取り組み(清水美帆)

北京日本文化センターでは、二外日本語教育の推進を目的とし、①教材の充実、②シラバスの整備、③教師支援の3点を優先策に挙げ、以下の様々な取り組みを行ってきました。

●『艾琳学日語』(北京日本文化センター主編)の出版

DVD付き日本語学習教材『エリンが挑戦!にほんごできます。』(国際交流基金)の中国版として『艾琳学日語』を出版しました。この教材では、以下の2つを基本理念としています。

①“Can-do”目標を中心とする日本語学習

(実際に日本語を運用して様々な活動が「できる」ようになること)

②異文化理解の養成

3

『艾琳学日語』(北京日本文化センター主編、人民教育出版社より出版)

 

●各地で『エリン研修』の実施

『艾琳学日語』を使ってどのように異文化理解の授業を行うか、各地で研修を実施しています。

●「東北三省中等二外推進モデル校支援プロジェクト」

長春日章学園高校(吉林省長春市)を二外のモデル校とし、2015年より授業を実施しています。

●二外調査の実施

中等二外の実態を把握するための調査を実施しています。

 

(3)長春日章学園高中における実践紹介(鄭紅先生/長春日章学園高校)

同校では週1回(40分)、高校1年生248名(6クラス)を対象に、『艾琳学日語』を使い、1課あたり2回のペースで教えています。

4

 

(4)学校種別状況報告と意見交換(平田好)

学校種別ごとに代表者4名より各校の二外状況を報告いただき、その後全体での意見交換を行いました。

 

5

【外語学校】魏譞先生(北京市北外附属外国語学校)

 

 

6

【普通校】賈俊格先生(山東省単県五中)

 

 

7

【小学校】孫旭先生(山東東営経済開発区東凱旋小学)

 

 

8

【職業学校】趙凱芳先生(上海市航空服務学校)

 

 

910

全体意見交換

 

(5)ワークショップ(小川佳子・清水美帆)

テーマ「異文化理解養成のための授業デザイン」

【前半】授業体験

実際に異文化理解を目的とする授業を行い、「異文化理解」とは何か考えました。

1112

 

【後半】教案作成

グループごとに教案を作成し、発表と意見交換を行いました。

1314

 

おわりに

「異文化理解」では、教師から日本文化に関する知識を「教える」だけでなく、生徒自身が文化の多様性に「気づく」ことが重要だと言われています。そのためには教師からどのような質問を投げかければいいでしょうか。どのような授業のしかけを作ればいいでしょうか。今回の研修では講義やワークショップを通してそれらについて考え、グループで授業をデザインすることができました。

また、全国より集まった28名の教師からの報告・意見交換により、二外日本語教育の現状と課題を共有し、改善策を考えることができました。教師の中には、一人で二外を担当し、悩みを相談する機会がないという方も少なくありませんでした。このネットワークが今後も生かされていくことを期待しながら、北京日本文化センターとしても引き続き二外日本語教育をどのように支援していけるかを考えていきたいと思います。

15

新聞配布のお知らせ

日本語の新聞を無料でお譲りします


 

国際交流基金北京日本文化センター図書館では、

配架していた2016年3月-2016年5月の新聞を、日本語教育機関へお譲りいたします。

ご希望の方は、2016年8月27日(土)18:00までに、当図書館カウンターにてお申し込みいただくか、

メール(library@jpfbj.cn宛て)またはFAX(010-8567-9075)で、以下についてお知らせ下さい。


1、 日本語教育機関名

2、お申し込みの方のお名前、ご連絡先(住所、電話、メールアドレス)


 

※ 配布紙名等については、お任せください。

※   お電話では受け付けませんのでご了承下さい。

※ 個人でのお申し込みは受け付けません。

※   メール、FAXでお申し込みの方には、申し込み確認のご連絡をいたします。

※   応募者多数の場合には抽選いたします。

※近隣の方には、なるべく当図書館まで取りに来ていただけますよう、ご協力をお願いいたします。

※   遠方からのお申し込みの場合には、郵便でお送りしますが、

(当選機関にのみ、9月6日(火)以降、ご連絡いたします。また、抽選の場合、前回受け取られた機関は抽選対象から外させていただきます。ご了承下さい。)

・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・* ・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・

皆様からのお申し込みを お待ちしております

・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・* ・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・

 北京日本文化センター図書館

 

北京日本文化センター中国人職員募集

2016年8月16日

 

北京日本文化センター中国人職員募集

 

当センターではこのたび、日本と中国の文化芸術交流事業に従事する中国人職員を1名募集します。他の文化芸術関連組織での勤務経験を有する社会人経験者の応募を歓迎します。

 

以下の募集要領をお読みの上、指定した書類を当センターに郵送してください。9月5日(月)郵送必着。締め切り後は受理しません。また、持参は受け付けません。

 

1 送付書類

(1)履歴書:

添付の書式(履歴書)を使用し、日本語で記入してください(ワードプロセッサ使用)。

(2)企画書(作文、もしくは、プレゼンテーション資料):

タイトル:「私が考える文化芸術イベント企画(案)」

・書式は自由です。パワーポイントの使用を歓迎します。

・最低1件の企画案を作成してください(複数案件を記載することも可)。

・ご自身のこれまでの経験に基づく問題意識や方法論を盛り込んで、企画

案を作成してください。

・企画案には、イベントのタイトル、実施の目的、想定される主な参加者

(年代、性別、背景)とその人数、必要な予算、イベントを事後的に評価

する際の基準を最低限盛り込んでください。

(3)日本語能力試験1級またはN1の合格証書コピー

(4)最終学歴在学校の成績証明書

(5)身分証のコピー

(6)他の文化芸術関連組織での勤務経験を有する社会人経験者については、同組織で勤務している(いた)ことが分かる資料(在職証明書等。コピーも可。)

 

2 書類送付宛先

北京日本文化中心(日本国際交流基金会)

100022 北京市朝陽区建国門外大街甲6号SK大廈3層301

電話:010-8567-9511

担当者:久保田、後井

(応募書類は返却しません。応募書類は採用事務にのみ使用し、他の用途には使用しません)

 

3 募集条件

(1)中国国籍を有し、大学本科卒以上の学歴の方。文化芸術方面の組織における3年以上の勤務経験をお持ちの方はなお望ましい。

(2)2016年8月1日現在で満35歳以下の方。

(3)心身ともに健康な方。

(4)日本と中国の社会、文化、歴史、言語に対する幅広い関心と日中交流に意欲をお持ちの方。

(5)コンピュータを使った事務処理(MS-OFFICE等)に習熟していること。

(6)応募時点で日本語能力試験1級またはN1にすでに合格していること。日本での1年以上の留学あるいは2年以上の就業経験があればなお望ましい。

(7)2016年9月中旬以降、下記の勤務地で勤務が可能な方。

 

4 勤務地

北京市朝陽区建国門外大街甲6号SK大廈3層

 

5 注意事項

(1)書類選考の上、合格者に対して面接を行います。面接参加のための交通費、宿泊費等は一切支給しません。

(2)書類選考を通過した方には9月第3週頃(予定)に面接を行います。

(3)採用後は当センターが指定する人材派遣会社と契約の上、派遣社員として勤務していただきます。

(4)待遇は面談の上、独立行政法人国際交流基金および当センターの規程に基づき決定します。

以上

2016年第2回日本語能力試験の申込案内

2016年12月4日日本语能力测试网上报名将于2016年8月18日开始。有关报名、考试的相关规定和报名步骤,请仔细阅读报名网站的《考生须知》和《报名步骤》。

 

重要提示:中国大陆考生参加考试必须携带的唯一身份证件是有效的“中华人民共和国居民身份证”原件。根据《中华人民共和国身份证法》,任何居民无论是何年龄,均可向户籍所在派出所申领身份证。特别提醒未申领身份证或身份证已过期的青少年考生提前办理,以免影响考试。

 

网上报名分两个阶段进行。第一阶段考生仅进行个人信息注册和上传电子照片;第二阶段除考生可继续注册外,按N1、N2、N3~N5的顺序依次分别开放考试名额供已完成个人信息注册与上传电子照片的考生选择级别和考点,此阶段要求考生完成预定考位和支付考费等全部报名手续。

 

网上报名开通时间的具体安排如下

报名步骤 日期及时间
开通日期 截止日期
报名 注册 8月18日 14:00 9月8日 14:00

(逾期不予补报)

N1 8月27日 14:00
N2 8月28日 14:00
N3~N5 8月31日 14:00
打印准考证 11月28日14:00下载打印准考证。 12月4日
考试 12月4日 13:00入场
领取成绩单 考试结束后3个月左右到达考点

报名网站网址为http//www.etest.net.cn(公网)或http//www.etest.edu.cn(教育网)

 

教育部考试中心海外考试报名信息网

2016年8月15日